当ブログは血迷った管理人がマクロスF熱を吐き出すためにだけ作ったブログです。

とりあえず2008.7.7現在はMBS系アニメ『マクロスF』の感想のみを取り扱い。。。
でもなんだか感想というより70%妄想入ってます。
 そのうち迂闊に二次作品にも手を出すかもしれません。
 
ノーマルカプ推奨 アルト×シェリル&アルト×ランカ ならドッチーモvvv
つまりアルト萌ブログです。
リンクなんてしてくださる方がいらしたらこれ幸い!
懐きますんでご連絡ください。

 url;  http://ryuunsange.seesaa.net/
 サイト名 ; まくろちゅ日記 
 管理人 ; peke× 
メール; peke_x★live.jp   
★→@へ変換してください。
m12.gif
TV局・公式メディアとは一切関係ありません。
管理人関東圏在住のため、更新はほぼ土曜日以降(の、はず...
企画 はじめちゃおっかなーって思ってます。
ちょっと自分だけでも盛り上がりたいと思ってたりなんかするんだけど(笑


当ブログの記事に対するコメントあるいはトラックバックは大歓迎です。
お気軽に書き込みしてくださいね。

TBに関しては、大変申し訳ないことながら
こちらからもご挨拶なしに飛ばさせていただいております。
何か不都合がございましたらメールでご連絡くださいませ。
尚、いただきましたTBにはなるべくお返しいたしたいと思っておりますが、
やはり飛びにくいブログがあるようです。
あしからず、ご了承くださいませ。


2008年08月09日

8月9日

第18話 フォールド・フェーム


フロンティアではバジュラの攻撃により物資が不足。
エネルギー供給を制限され、食料や水もすべて配給制となる。
シェリルは体調がなかなか回復せず、ますます不安になり、
アルトを探しに出かけるが、高熱で倒れてしまう。
それを救ったのは・・・




ななななななんと! 兄さんっっ!




というのは置いといて。

まずは前回最後のシーンでやっと出てきた歌姫。
グレイスとの対決は圧倒的な敗北でした。
「なぜ?」というシェリルの問いかけに意味ありげに口角をあげるグレイス。とうとう心を許した姉のようなマネージャーに切り捨てられるという形の決別をします。
おびえることさえ忘れていたシェリルは現実を突きつけられて愕然とします。
幼少のころギャラクシーのスラムにいた彼女を拾ったグレイスは、アイドルとしてだけではないシェリル・ノームの「死」と引導を渡しました。
感染症は治ってない、自分で調べてみることねと言われやはり自分の目で確認するまではとシェリルは美星学園の図書館へ。

一方フロンティアでは緊急で長距離フォールド計画を立てています。そのためのエネルギーを確保しなくてはならなくて、船団全体で物資の供給を操作し始めました。
ほらみんな、トイレットペーパーなくなる前に買っとかなきゃ!的(嘘)ほど主婦の頭じゃない、ボビーのお茶目な提案で投げ売り(フォールド)セールに繰り出すSMSのお嬢たちv

アルトはオズマからの呼び出して、彼の入院している病院へ。
結局軍は対バジュラにランカ(の歌)を囮にするのだろうという予測と、兄としてランカを守ってくれと懇願します。
オズマとしては先日潜入した研究所で出会った青年が、もしかしたらランカの縁者(兄)かもしれないと薄々気づいているのですが、そしてまたその青年がランカを按じながらそれでも彼女の歌を戦いに使わなければならないことを提示していることにも苦悩しています。
ここで信用できるのは「ランカが好いている」アルトしかいないと思ったのかもしれません。
アルトはオズマの言葉を反芻し、自身がSMSに入隊した当初の心情へと立ち戻るのでした。

そしてもうひと組。
先日いろいろと悋気しながらも結局ミシェルの希望通り、彼の調べ物の手伝いをするクラン。
調べていた「薬」は受容体ブロッカーで、V型感染症の症状を軽減するためのもの。
むしろそのV型感染症というものが人体にはあまり感染しないはずの病気であるものだった。
普通の接触では感染せず、血液・体液などからの感染ならば可能性があるというもの。
人には移らないもののはずなのにとうっかりシェリルの名を口に出すミシェル。
V型感染症の研究レポートを追う二人の目の前のモニターに、その研究者のマオ・ノームの名が。
マオ・ノームとその助手であるランシェ・メイ(ランカの母か?)、それからもう一人は「グレイス・オコナー!」
その二人の背後には当のシェリルが...。

厳しい現実に打ちのめされながらも「私はシェリルよ」と強がる彼女をミシェルとクランは見送る。

守るということはどういうことなんだろう?
アルトは街をそぞろ歩きながら考えていた。
ふとランカの歌が満ちている通りの片隅でワゴンに半額で積まれているシェリルのヒット曲。
あいつに安静という文字はない、と言いながらそれでもシェリルの境遇を思い胸が塞ぐアルト。
携帯にミシェルからの連絡が入り、シェリルを探しに再び走り出します。
「今会わなければ一生後悔する」(うろ覚え)みたいなちょっとちょっとー、ミシェルどこまで考えてんの? アルトだよ? 相手は みたいな(なんて言っていいのかわからない)セリフを奴に吹き込んだのでした(笑


雨は朝まで降り続く。
こういう人工的な宇宙船なんですから天気予報は予報表みたいなものがあるのでしょう。人々は傘を持って歩くのが普通です。
シェリルは一人雨に打たれながら、つらい現実にどうして立ち向かっていけばいいのかわかりません。
シェリルなんだから! と強がってみたものの、グレイスに見捨てられアウェーである(笑)フロンティアで広報の巨大スクリーンに映る「現代のリン・ミンメイ」とも目されるランカを見上げる。
めまいを起し膝まづく彼女の足元には依然華やかだったころの自分のポスターが雨に濡れて落ちていました。
誰も頼る人がいない。そんな中で、彼女に傘をさしかける人物が...「アルト!?」
 
ちがう、...でも――

そんなときやっとその街でシェリルを見つけたアルト。

兄弟子である矢三郎がシェリルを抱えタクシーに乗り込むところを引き留めます。

「このお嬢さんは私に助けを求められた。
 私が預かりますから、心配だったら早乙女のお屋敷にいらっしゃい」
   (ここも実はうろ覚え、ごみん。
同時にSMSからの緊急アラーム。


持っている武器は敵に通用せず、ブレラに援護される始末でどうにもアルトには分の悪いことばかりです。
ランカは今の戦況に、自分の出来ることをやる決心をしました。
けれどバジュラが消える度、彼女の体内で何かが痛みます。
周囲のバジュラを一掃し、緊急の超長距離フォールドに入るフロンティア船団。
無事フォールドに突入しほっとしたところでまるで鎮魂歌のように響くランカの歌声〜アイモ
そして、どこかでまた異生物の目覚めが――











もうー! おもしろすぎる展開。
矢三郎兄さん! なんていいところで出てくるんだーーー!

いや、ハッキリ言ってアルトに二人の女子は重すぎやしませんか?って思ってたところなので(苦笑)ここらで一発、なんかちょっと大匙一杯くらいの豆板醤をドカッと盛ってみたらいかがっすか?
奴の尻に火を点けなきゃ(大笑
 そう思っていた矢先。

アルトは完全にトライアングルなんて関係なくなっている状況です。


今はもう、自分の敵が何なのか分からなくなっていて(曖昧になっていて)守ってやってくれと言われても結局は彼女の歌なしでは戦えない状況になっていることに悶々としています。
もう恋どころじゃないんですーーー(ばかー!

ところが?

突然現れた矢三郎さんに「文句があるならベルサイユへいらっしゃい!」Byポリニャック伯夫人の如く挑戦的にシェリルを拉致られているので、仕方ない実家へ行くかとのこのこ早乙女邸に向かうのでしょう。
くふふふふふ いい感じだ。
 ここでひとつ、矢三郎兄さんに一肌脱いでもらってね。

 「自分(矢三郎)の招きにも応じなかったのに、シェリルを預かった途端実家へ来るのは何故か」と問い詰めてもらいたいものです。

自分がバルキリーに乗ることになった一番最初の未知との遭遇に居合わせたランカも確かに気になるところですが、ランカの兄オズマが上司ということでそれこそそのクッションを抱えつつ彼女とはなんとなく無関係ではないのです。

ですがシェリルは違います。アルトにとってはっきりいってしまえば彼女は全然無関係の人間で、むしろ関わっていかなきゃすべてスルー出来そうな部分がたくさんあります。
最初のころは彼女からの猛攻アタックに振り回されていましたが、いまは違います。


 なんてな。妄想妄想〜〜〜



私的には最初、トライアングルがランカに傾くならハッピーエンドが期待できる〜けど、シェリルが相手ならバットエンドになりそうと思っているのですがいかがでしょうか?
しかしながら最近の傾向ではランカが相手でもどうもいい結果にはならなそう。
結局二人の歌姫はアルトの「青春の幻影」で終わってしまうのでしょうか?






次回 第19話 「トライアングラー」

歌はもう歌わない。。。と告げるシェリルにアルトが一喝してくれればいい。
「なぜ歌うのかではなくて、歌わずにいられないのよ」といつか言っていたと。
なぜ宇宙に出るのかではない、そうせずにいられない。それが人間の性。

だとしたら「歌わずにいられるわけがない」と言ってやってほしい。



    。。。。。。。なんて。
実はそれをシェリルに言うのが矢三郎さんで、彼女を看病している間に二人の間がラブラブしたりなんかして。
いつの間にか蚊帳の外に放り出されそうなアルトが「ちょっとちょっと!」と突っ込みを入れ『トライアングラー』なんて言うならさらに面白い展開になりそう。希望。














****************************************************
posted by peke× at 23:38| Comment(2) | TrackBack(2) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなのよ〜〜〜!!!
もうベクトルがあっちもこっちもいっちゃってるもんだから
アルトがあっぷあっぷと溺死寸前で(笑)
兄さんおいしかったよねーvvv
前にアルトにけっちょんけっちょんに言われたから今回は仕返しに出たのか!?
NEWトライアングラー(爆)で、もう5話くらいつないで欲しいぞ!っと♪
Posted by まりも at 2008年08月10日 11:57
いらっしゃいましv 

そうでしょ!? おもしろい展開ですよねー。
アルトも全然恋愛頭にならないのが可笑しい(笑

もしかしてさ〜〜〜、
とことん落ち込んでるシェリルを慰めるのが矢三郎だったらおもろいなと思うわけです(笑
そしてそんな二人を見て「あらら?」と自分の気持ちに気づくアルト
(えーーー俺ってシェリル好きだったのか===っっ!!!)
    みたいなあはは私ったら妄想力過多vvv

しばらくメロウな物語をやってほしいよねえへへ




Posted by peke× at 2008年08月11日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104481500

この記事へのトラックバック

マクロスFRONTIER 第18話。
Excerpt: 『マクロスF』 今週のお話は、第18話 『フォールド・フェーム』。 ストーリーは…。 フロンティアではバジュラの攻撃により物資が不足。 ...
Weblog: どっかの天魔日記
Tracked: 2008-08-10 01:36

マクロスFをみました。
Excerpt: なんつータイミングで新OPに入るのよ;;;  il||li_| ̄|○ウゥ・・グレイスが・・半笑いで言ったセリフにシェリルが超ひきつった表情に・・んでそのまま、が流れ出すわけだ。ランカのメイクシーンとは..
Weblog: 鳥飛兎走
Tracked: 2008-08-11 08:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。